投稿日:2023年7月21日

空調工事に携わるなら取るべき資格!管工事施工管理技士について解説

こんにちは!
神奈川県大和市に拠点を構え、空調工事やダクト工事を手掛けている株式会社佐々木空調です。
座間市や藤沢市、厚木市などの地域で施工の対応をしております。
今回は、空調工事に携わるなら取るべき資格の一つである管工事施工管理技士について解説したいと思います。

管工事施工管理技士とは?

はてな
管工事施工管理技士とは、配管工事の施工計画の作成や、現場での工程・安全・品質の管理などができる国家資格のことです。
配管工事とは、水道やガス、空調などの設備に必要な配管を設置する工事のことです。
空調設備においても、ダクトや配管などの配管工事が重要な役割を果たします。
管工事施工管理技士は、配管工事の専門家として、設計図や仕様書に基づいて適切な材料や方法を選定し、効率的かつ安全に作業を進めます。
また、現場でのトラブルや変更にも対応し、品質やコストを確保するのも管工事施工管理技士の役目です。

管工事施工管理技士の仕事内容

管工事施工管理技士の仕事は、大きく分けて以下のようなものです。
・設計図や仕様書をもとに、必要な材料や人員、機材などを算出して作業手順やスケジュールを決める
・現場での指揮・監督 配管工事が始まったら、現場で作業員や協力業者などを指揮・監督
・作業が計画通りに進むように確認し、安全や品質に問題がないかチェック
・報告書の作成 配管工事が終了したら、作業内容や経費などをまとめた報告書を作成
管工事施工管理技士は、施工が始まった後に現場で発生したトラブルや変更要望にも対応し、必要な場合は設計者や発注者と連絡を取ることもあります。
報告書は、配管工事の完成状況や品質を証明するものです。
発注者や関係機関に提出します。

管工事施工管理技士の受験資格は?

管工事施工管理技士の受験資格は、以下の通りです。
・一級:建築関係学科卒業後5年以上または建築関係学科以外卒業後7年以上の実務経験があること。または二級管工事施工管理技士として2年以上実務経験があること
・二級:建築関係学科卒業後2年以上または建築関係学科以外卒業後4年以上の実務経験があること。または三級管工事施工管理技士として1年以上実務経験があること
・三級:建築関係学科卒業後1年以上の実務経験があること。または高校卒業後2年以上の実務経験があること

座間市にお住まいで空調工事に興味がある方へ!

履歴書とペンと積み重なった本
弊社はただいま、空調工事やダクト工事のスタッフを求人募集中です。
先輩スタッフが丁寧に指導し、わからないことがあればしっかりサポートいたしますので、未経験の方でもご安心ください。
お休みは日曜日・年末年始・お盆・GWとなっております。
プライベートと両立させながら、ぜひ私たちと一緒に頑張ってみませんか?
ご応募は、ホームページ内の採用情報ページからお願いいたします。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

空調工事のご相談は神奈川県大和市の株式会社佐々木空調にお任せください!
株式会社佐々木空調
〒242-0022 神奈川県大和市柳橋2-4-3
TEL:046-279-6076 FAX:046-279-6077


関連記事

空調工事・ダクト工事のプロを目指すなら株式会社佐々木空調へ!

空調工事・ダクト工事のプロを目指すなら株…

神奈川県大和市を拠点に日本全国で活動する弊社は、ただいま新規スタッフを募集しております。 株式会社佐 …

ダクト工事

ダクト工事

本日、いつもお世話になっている藤沢市用田の車屋さん、オートリフレッシュNISHIさんの、塗装ブース排 …

空調工事

空調工事

空調工事を行ないましたのでご紹介します。 空調工事 信頼できる業者です 株式会社佐々木空調は、神奈川 …

お問い合わせ  採用情報